身元保証代行会社を選択するときの注意点

main-img

就職や入学あるいは賃貸物件・老人ホームの入居などのとき、身元保証人が必要な場面があります。

さて誰に頼もうかと思って考えたとき、友人・知人に頼むと借りを作ってしまうようで抵抗感がある場合もあります。

今よりも身元保証の代行に関するお役立ちコンテンツ満載です。

そのようなとき便利なのが保証人代行サービスです。


身元保証人というものは、例えば入社しようとする人が入社後なにか会社に損害を与えたときに賠償を連帯で責任を負ったりしなければなりません。
また家賃を払わず夜逃げしたなどのとき、替わって支払ったり後始末をするなどの責任を負わなければなりません。

そのためある程度の社会的な地位や余力が大きな人しかできないものです。

よって誰でも頼めるものではありません。
人の繋がりが希薄になった現代の弱点であるこの点を社会サービスとして運営しているのが保証人代行サービスです。
現在多くの代行会社が存在しますが、最初に登録料金を取り、後は架空の人物を保証人として紹介する悪徳会社も存在します。その点は多大な注意が必要となりますが、口コミなどで評判の良い、間違いのない代行会社であれば堂々とお願いしましょう。


決して安くない費用を支払って身元保証人を立てるのですから、卑屈になる必要はありません。



また信頼のおける業界で、多くの実績がある保証会社を利用したのであればなんら問題ありませんから、入社した会社や入所施設などにもビクビクする必要はありません。



この代行会社はさまざまな業界が運営に乗り出しています。

本業はサラリーマン金融会社だったり、福祉関係者であったりということもあります。


その中にも健全にユーザーの身になって運営しているところもありますが、赤の他人の身元保証は誰もするわけはありませんので何かあると疑うことも少しはしましょう。

特に、先ほどの登録料や先に払わないといけないものがあるといった文言には要注意ですし、不要な個人情報登録などしないことも重要です。

身元保証の特徴紹介

subpage1

賃貸物件を契約するにしても、有料老人ホームに入居しようとしても、身元保証人がいなければできませんし、急な病気で保証人が必要となったりと、近くに頼れる身元がいればよいですが、万が一頼れる身内がいない場合はとても困ります。その困ったときにの救済措置になるのが、身元保証代行会社です。...

more

身元保証のみんなの常識

subpage2

学校を卒業して会社に就職したり、新しい職場に転職をする場合には必ず雇用契約書を締結します。それと同時に就業規則等により、雇用主である会社と雇われる側である従業員の間には様々なルールが取り決められますが、その一つに入職前に従業員の身元などを保証するために身元保証人を求められる場合がほとんどです。...

more

身元保証の納得の事実

subpage3

賃貸住宅を借りるときなどにその条件として身元保証会社との契約が必要な場合があります。こうした契約は家賃滞納時などにおいてその取り立てをその業者に任せたりすることで、速やかに回収を図ることが目的です。...

more

知りたい身元保証事情

subpage4

介護老人ホームに入居する場合には身元保証を行ってくれる人が必要になるのが一般的です。万が一の場合の連絡先やその他様々な連絡を行うために、入居者の身元を保証してくれる人が必要になるため、身寄りのない高齢者などが介護老人ホームに入居するのは非常に難しいと考えられています。...

more